October 7, 2015

Soft Skills の "Marketing yourself" を読んだ

例年通り、2016年になればまたブログをリセットするので、なにか参考になるかと思って、ひげぽんさんおすすめの “Soft Skills” の “Marketing yourself” という節だけを読んだ。この節ではブランド、ブログ、公演、執筆で自分を売り込もう、というはなしが書かれている。

書いていることそのものには納得できるけど

You might be particularly interested in a certain aspect of a framework or technology, but if your target audience isn’t, it won’t do you much good.

みたいな、きちんと読者を意識する方向性と、ロゴをクラウドソーシングで用意したり、毎日は書かなくてもいいけど、最低でも毎週は書くのをおすすめします、みたいな努力量には、私小説と日記の国からきた身としてはちょっと引いてしまうなあと思う。ベクトルの方向も長さも私とはだいぶ違っている。

ただ、大学生になって埼玉に引越して、都内のイベントに参加できるようになっていたころに、ブログを書くことがプログラマ友達を増やす助けになったとは思うので、シアトルでもその辺りを目指して、英語でブログを書くのは試してみたい。

日本語で書くものはなにが良いんだろう。

ふりかえりをブログに書くのは、続けるには良い効果があったけど、マーケティングとしてはあまり意味がなさそう。あと、ブログに書けることしかふりかえれない (仕事のことを書けない) ので、長期的には、他人に読まれないところでやるのが良いんだろうと思う。

翻訳と海外事例紹介みたいなのは、読まれやすいけど、他人のふんどしで相撲をとる感じがあって、あまり気がすすまない。

シアトル生活情報は、一年住んでいるうちにわかったこともそれなりにあるので、もうちょっと書くようにしたい。