September 5, 2015

日本に閉じることについて

OS X を使うようになったのは大学の途中からで、そのまえはずっと Linux を使っていた。

わたしが Linux を使いはじめたころは、ちょうど X_LOCALEを捨てよう あたりの時期で、当時の日本の Linux コミュニティのなかでは「日本の中で閉じて色々をやるのは止めて、本家にちゃんと変更をとりこんでもらおう」というのが流行っていたように思う。

Nemacs が Mule として Emacs に統合されたのはそれよりもずっと前だけど、Debian JP Packages をリリースしない方向へ方針変更 とか、Qt Free Edition 国際化 の成果がちゃんと Qt に取り込まれて KDE のパッケージを全部リビルドする必要がなくなったりとかは、さすがにちゃんと覚えている。

なんで外資の会社に転職したの、という質問には、大抵 Twitter と Facebook とスマートフォンの話をしている。それは嘘ではないんだけど、この Linux 時代の気持ちも少なからず影響しているんじゃないかなあと、最近になって思う。