March 30, 2015

3月をふりかえる

Do agile right. Run retrospectives in Confluence を真似して

  • What did we do well?
  • What should we have done better?
  • Action items

と書くことにした。

Tried

  • 30 Day Challenge
    • 6時まえに起きるのを目指していたんだけど、ほとんど達成できなかった。
    • 起きやすさにだいぶ直結していることに気づいて、お酒を飲むのを休みの前日だけにしたのは良かった。

What did we do well?

  • 日本に1週間とすこし帰ってきた。忙しかったし、いくつか想定外のこともあったけど、やらないといけないことは無事に全部できたので良かった。
  • ワシントン大学に桜をみにいってきた。だいぶ葉桜になっていたけど綺麗だった。
  • 妻の友達とたくさん会った。
  • iKnow は毎日やるのが目標で、1日をのぞいては忘れずに出来た。1日15分やるのは達成できたりできなかったり。
  • Lang-8 は毎週やるのが目標で、最初の1週間以外は忘れずに出来た。
  • Scala 関係で、オープンソース活動にすこし復帰できた。

What should I have done better?

  • 読書は、やや読み散らかし傾向が復帰してきたような気がする。
  • ジングルスができていない。
  • 生活系のいろいろ細かい仕事が滞りがちなのも相変わらず。

Action items

秘密。Q1 全体についても振り返って、Q2 全体についても少しは予定を立てたい。

読んだもの/見たもの

クレイグ・モド『ぼくらの時代の本』

Craig Mod さんの本。日本帰国中に紙で買うかと思ったのだけど、装丁に凝っているせいかカバーがかけられていて立ち読みできなくて、結局 Kindle で買った。私は同じ著者の『「超小型」出版』も読んでいたので、そこまで新しいことは無かったけど、良いことは書いてあった。

戸部田誠『タモリ学』

おもしろかったけど、ちょっとタモリに色々を託して奉りすぎな感じもした。実際にすごいし、別にだめなところも無いからしょうがないのかなあ。

さだやす『王様達のヴァイキング』6

システムインテグレータのひとと警察のひとが、スタートアップのキラキラに憧れる場面がそれぞれ出てくるけど、自分も憧れるがわに来てしまったと、ちょっと悲しく思う。

ギークのかなり偏った英語学習の話

あんまり勉強が得意じゃないところ、趣味と仕事に重なってるところが多くて、その話ができるのが楽しいというのは自分に似ている。私も Tokyo Hackerspace に行ってみたり、RubyKaigi でやたら海外からきているひとに話しかけたり、日本にいたころから色々したのを思い出す。

大きなイベントで発表したり、取材したり、大きめの責任をとっているところは自分より大分すごい。TOEIC の代わりに CASEC を定期的に受験するのは真似したい。

The Social Costs of Uber

Uber についての小論。短くてさっと読めるけど、あんまり驚きの事実とか調査結果とかはでてこない。Uber とかライドシェア全般について何か書くときに、これと、ここから参照されている色々を読むのは良いと思う。

究極の濃厚ビール『IPA』のうまさがすごい

IPA うまいよね。冒頭で平日はお酒を飲まないと書いたけど、お酒を飲むこと自体は好きで、シアトルは IPA がいろいろあってうれしい。地元のやつを中心に色々試しているので、記事にあるもので飲んだことがあるのは、インドの青鬼だけかもしれない。

Facebook on iOS: Inside the “Big Blue App”

F8 2015 での、Facebook の iOS アプリの、モデルとビューの大整理の話。モデルの方は Core Data だったのをやめて Mem Models という Immutable / One-way Data Flow なやつになって、ビューのほうも同じように Component というやつに切り替えたらしい。後者は ComponentKit としてオープンソースでリリースされている。

ビューのほうは、要するに React なんだろうと思うけど、最終的に出力される View と中間表現とが、DOM : Virtual DOM と違って 1:1 対応になってないような感じがする。あと Objective-C++ で書いてあるのは文法面の理由だけかと思いきや、スタックにとれるので速い! といっているのが良かった。

Evolving Facebook for Android

おなじく FB 2015 での、こちらは Android のはなし。前半は Multi-Rows News Feed というビューまわりの整理の話で、iOS 同様に OS が用意するビューまわりの部品の手前に適切な抽象化をいれて速くする話。プロジェクトの進め方からみえる Facebook の文化 (は良いよ)、という面に重点がおかれていた。prepare というメソッドでいろいろやるのは Evolution of Code Design at Facebook でも見たので懐かしい。

後半は Android の分断化、とくに新興国での古い端末や遅いネットワークにどう対応していくかという話で、Android らしさがあって良かった。Facebook の新興国むけの話は面白くて、すこし前に Time でも Inside Facebook’s Plan To Wire The World という特集がでていた。