March 28, 2015

iKnow 60時間

iKnow という英語を勉強するサイトをずっと使っていて、勉強時間が60時間に達した。めでたい。

勉強時間

この一年の記録をみるとこんな感じ。

勉強時間
2014/04 00:00
2014/05 04:32
2014/06 03:35
2014/07 00:51
2014/08 12:19
2014/09 04:45
2014/10 00:29
2014/11 06:45
2014/12 08:50
2015/01 09:36
2015/02 05:41
2015/03 07:23

去年の8月に気合をいれて、でも10月には引越しの忙しさで一時中断。その後の11月からは、毎月5時間とすこしは勉強している。

いまは、毎日15分以上、一週間で1時間30分以上やることが目標。1週間の目標は毎日の目標 x 7日より少なめにしている。15分できない日があった週でも「1週間の目標時間だけは達成しよう」と切り替えられるので良い。

コース

iKnow にはコースという概念があり、自分にあったコースをとることで難易度を調整できる。いまは

  • TOEIC 800点: リスニング3
  • TOEIC 800点: リーディング3
  • スティーブ・ジョブス: スタンフォード大学でのスピーチ

の3つをとっている。2013年にうけた最後の TOEIC では870点だったけど、受験的なテクニック (わからなくてもマークシートに空白を作らない、とか) を駆使している自覚があるので、800点あたりから勉強し直しておくのは良いのじゃないかと思う。

スピーチは、面白いのと教養がみにつくところ、あと教材用ではない生の英語というのが良いところだけど

…even when it leads you off the well-worn path…

から well-worn と path がそれぞれ出題されたりして、あんまり単位時間あたりの単語学習効率は良くない。また、ジョブスの前には「ジョン・F・ケネディ 就任演説」をやっていたのだけど、これはリズムのとりかたも単語も、だいぶ聴きなれない感じでつらかった。

コースは、それぞれ勉強することもできるけど “Study All” というのでまとめて勉強することもできて、もっぱらそれを使っている。最近の iKnow のリニューアルで、Sentence Trainer についても Study All が使えるようになったのはありがたい。

iKnow / Sentence Trainer みたいな概念はだいぶ混乱していて、たとえば Study All をクリックすると

  • iKnow - Choose an App!
    • iKnow!
      • iKnow!
      • Quick Review
    • Sentence Trainer
      • Sentence Trainer
      • Listening (Coming Soon)

というふうに、サービス全体、アプリ (という概念がある)、アプリのなかの機能にそれぞれ “iKnow!” という名前がふられていて地獄っぽさがある。

モバイル

むかしは電車通勤だったので、iKnow は携帯電話から使っていた。最近は歩いて通勤しているので、ブラウザから使うことのほうが多い。

携帯電話むけのアプリは結構良い出来で、オフラインでも (いろいろ警告ダイアログが出てくるけど) それなりに動くのがありがたい。